Nuevo Tango Saxteto

この秋は(というか毎年秋は)タンゴライブが多い気がします。
やはり芸術の秋なんですね。

まずは10月14日と15日。
関西ではないんです。すいません。

10/14 仙台
10/15 茨城

です。

この Nuevo Tango Saxteto というのは、2,3年前にパブロシーグレルアカデミーを受けた時にご一緒させていただいたサックスの宍戸さんとピアノの小林さんが中心となって結成されました。
そしてお二方の地元の地でライブをすることとなりました。
サックスのあるタンゴは珍しいですし、はじめての組み合わせ、そして何よりみなさん真摯にタンゴと向き合っている方々なのでとても楽しみです!

仙台といえば牛タン。
ブエノスアイレスに行った時に、牛タンを舌丸ごと購入し調理して食べて以来、独特の味と油の生臭さに敏感になってしまいちょっと苦手なのですが、仙台では食べなければと思っています。
その時の模様はこちら。※観覧注意です。

仙台、茨城、その周辺にお住まいの方、ぜひぜひお越し下さい!

Saxteto

タンゴバンドには珍しいSax。
そしてQuinteto(五重奏)。
合わせて”Saxteto”です!!

Nuevo Tango

Nuevo Tango というのは New タンゴ。
リベルタンゴで有名なピアソラは、昔の踊れるタンゴ音楽から、クラシックやジャズの要素を盛り込んで踊れないタンゴ・新しいタンゴへと発展させました。
(「踊れないタンゴ」と言われるのは、テンポや拍子が一定ではなく途中で変わってしまうので「踊れない」と言われています。)

ピアソラの若い頃は、現地でもなかなか受け入れられませんでしたが、徐々に受け入れられ、1980年代はピアソラの黄金期と言われています。
ですので、ピアソラ初心者の方で『ちょっと聴いてみるか』と思われたら、1984年前後のライブ録音のCDがオススメです。
モントリオールジャズフェスティバル、ライブインウィーン、セントラルパークライブなど。

詳細

Nuevo Tango Saxteto

仙台公演
10/14(土)
14:00開演(30分前開場)
市民活動シアター
仙台市民活動サポートセンタB1
(仙台市青葉区一番町4丁目1-3)
一般/4,000円
高校生以下/2,000円

茨城公演
10/15(日)
17:00開演(1時間前開場)
四万騎農園 蔵ホール
(茨城県かすみがうら市上土田1020-24)
一般/4,000円
高校生以下/2,000円

プログラム
La Cumparsita(ラ・クンパルシータ)/ロドリゲス
Rojotango(ロホタンゴ)/パブロ・シーグレル
Romance del Diablo(悪魔のロマンス)/アストル・ピアソラ
Libertango(リベルタンゴ)/アストル・ピアソラ

メンバー
バンドネオン/渡辺公章
サクソフォン/宍戸陽子
ヴァイオリン/外薗美穂
ピアノ/小林萌里
コントラバス/後藤雅史

チケットお取り扱い

お問合せは上記の、仙台公演は宍戸さん、茨城公演は小林さんの連絡先へお願い致します。