楽器選定

今日は生徒さんの楽器を選定しに大阪市内の楽器屋さんを巡りました。
楽器屋さんといっても弦楽器やコントラバスを専門に扱う職人さんのいらっしゃるお店です。

楽器は安い買い物ではないですし、コントラバスは人間と同じくらいの存在感があるので、響きや弾き心地はもちろん、見た目も好きでないと今後のモチベーションにも影響します(弦楽器は木なので、模様やニスの濃淡によりそれぞれ個性があります)。
一生を共にする相棒を選ぶくらいの気持ちで選ばないといけません。

そう聞くとなかなか決めかねてしまいますが、コントラバスを希望の価格帯で選ぶとなると、そのときに関西で(大阪で)たまたま出回っている楽器ということになるので、幸いにも(?)選択肢はあまり多くありません。
『今このタイミングで出会ったのだからこれは運命』という考え方もありと私は思います。巡り合わせといいますか。

もちろん、もっといっぱいの選択肢の中から探したい!という場合には、東京にコントラバスで有名なお店がありますので、そちらまで探しに行かれたり、出会えるまで無理して買わないという考えもありです。
実際、大学の先輩は東京まで探しに行っていました。

今回は、人間味のあり泣ける音のする、弾いている姿もなんかしっくりきていた良い楽器と出会い、そちらに決まりました。
今後のその生徒さんと楽器の成長が楽しみです。

色々楽器を弾いていると、私も買い替えたい気持ちがちょっとうずいてきました。